2013年7月14日日曜日

飯能夏まつり (本祭り)

飯能の夏まつり2日目へ行ってきました。
正午から本祭りが始まるのですが、ヤマノススメの店が10時開店ということだったので、9:50飯能着の電車に乗ることで待ち合わせて飯能駅改札に集合。
自分はXperia Zに関連PDFをダウンロードしていたつもりだったんだけど、見当たらず……あれれ?
仕方なく検索して飯能市のWebサイトからPDFを回収しなおししました。
まあ、飯能ぎんざの通りにあるから、ダウンロードしなくても大丈夫なのはわかっていたんだけどね。

「日替わりシェフレストラン」は飯能ぎんざの結構奥のほうにありました。

うーん、これまで何度も歩いたのに全然気付いていなかったよ(笑)。
10時開店予定だったものの、遅れていたので飯能ぎんざを抜けた八百梅まで移動してみました。
なんと、開いている!
初めて店のドアが開いているところをみたですよ。


そろそろ準備終わったかなってヤマノススメの店へ戻ったら、まだ準備中でした。
1分ほど待ったところでようやくオープン。
予定よりも15分ぐらい遅れていた感じだったかな?
店のメニューはこれ。

ここで痛恨の選択ミスをしてしまいました。
一瞬すいーとんと悩んだものの、頼んだのはセット。


リゾットには海老が殻付きで丸ごと乗ってますねぇ。
すみません、エビの殻剥きは苦手です。
ここで手が汚れ、エビの臭いが指にこびりついてしまいました(爆)。
(開店直後で混乱していた自分たちの時だけかもしれないけど)お手ふきがなかった気がするので、この部分は厳しいと感じた人がいそうかな。
飯能河原で涼みながら洗ったけど、結局臭いは帰宅して石けんでしつこく洗うまで消えなかったという大誤算が発生(笑)。
すいーとんとかき氷にしておけばよかったかも。

祭りが始まるまで時間があったので訪れた飯能河原で出会ったわんこ。

自分が写真を撮ろうとしたら突然吠え始めた……。
その後、Foursquareでチェックインしていたら、割岩橋と飯能河原のMayorをゲットしてしまったじゃないか。
そんなに来ていたのか、自分は……(笑)。


その後は飯能河原の遊歩道を歩いたら、天覧山方面へ。
坂を登って郷土館、市民会館、中央公園のほうに進みました。
中央公園近くから見上げた天覧山。
山頂やや左のほうに小さく見える白いのが展望台のコンクリート(写真じゃ見えないかも)。


「えっ、そっち行くの?」といわれつつ、『ヤマノススメ』アニメの1話ラストと2話の冒頭であおいとひなたが歩いていた道へ。
ここですね。なぜか遠回りをしていたおかしなところなんですよ~なんて話しつつ。


そんな感じでちょこっとだけ遠回り~をして、天覧山の入口へ。
「どうする?」
「どっちでもいいけど、天覧山って10分ぐらいだったと思うけど登る?」
「じゃあ、いってみようか~?」
ってノリで行くことに決定。

自分が前回断念した相模湖近くの嵐山と比べると、整備されているぶん、やっぱり楽だなと思う天覧山と多峯主山。
わずか10分で山頂に着いちゃう天覧山には不要かもだけど、多峯主山はあとどれぐらいって標識が結構こまめに設置されているから歩きやすいんですよね。
判断に迷ったときの判断材料として、そういう情報がある山のほうが安心できていいなと思う自分。

相変わらず天覧山は急な傾斜の登山道だなと思いつつ進んだわけですが。
祭りのほうにみんな注意が行っているのか休日にしてはすれ違う人の数がこれまでよりもはるかに少なかったなぁ。

山頂に着いたところで、麓のほうから祭りが始まる音がしました。
Foursquareで天覧山山頂にチェックインしたら、ここもMayorをゲットしてしまったよ(汗)。
祭りが始まったから降りて見に行こうかってなって下山。
暑かったから、麓にあるタイムズマートで補給をしました。
山帰りのアイスは美味い(笑)。


通行止めになっている飯能市立図書館付近で山車が集まっているのを見かけました。


いつ動き出すのかな~って話していたら、タイムスマートで補給&休憩をしていたうちに1回目は終わってしまっていたようでした。
ありゃー、次はいつだろうとか話しつつ座って休めるところはどこかないかなって話していたら、最初のヤマノススメの店付近にあったじゃないかってことになって移動。
その途中で、「おやっ、こんなところにヤマノススメが!」って話したら、そこはタイムズマートの出張所(?)でした。

天覧山麓の店に店長さんがいないと思ったら、この出張所でがんばっていたんですね。

ちょっと待っただけで山車の練り歩きがが来ました。



なんか見たことのあるようなパッケージの綿飴がありますねぇ。


山車の数が多いのでひとつに絞ってついて行ってみました。


ふと気付いたのは、八百梅。
どういうお店なのかわからなかったけど、やきとりだったんですね!


ほかにもいろいろ見ましたが、明暗で撮影して最適画質に合成するHDR撮影の副作用で、被写体が祭りで動きが激しく撮影した写真の半分ぐらいがぶれて合成されていてがっくりなことになってしまっていました。
Xperiaさんよー、HDR撮影時は合成前のも別ファイルで保存してくれよ……。orz
撮影したものが使えなくなるより、そのほうがマシじゃん。
ちょっと動画も撮影しておいたのでそれも。






Google+のアルバムは「飯能夏まつり 2013」で見ることができるようにしてあります。
ただし、HDRでのブレが大きくある画像は含んでいません。