2013年7月18日木曜日

夕方に民主党が演説していた

西友小手指店からの帰りに、小手指駅南口に民主党の枝野が来て演説をしていました。

公約と逆のこと、国民の嫌がることばかりやっていたんだから、そんな民主党の演説に人が集まるわけもなし。

立ち止まって聞いている人なんか2~3人しかいなかったような……。

みんな一瞥して通り過ぎるのみ。

面白いほどに信用を失っていて笑えますね~。

まあ、もともと所属議員の売国的言動が目立っていたし、政策が違うのに選挙のために集まっているだけの集団だったから政策実行に期待できるわけがないんで、自分はこれまで1度も民主党なんかに投票したことはないなぁー。

ちょっと考えれば想像できることなのに、民主党が政権を取るほど票が集まった選挙の時は日本に絶望したものじゃ。

政治・経済に興味のない人がよく知りもしない党に投票したことで発生した悲劇だったと思う。

そう考えると、もっと多くの人が政治と経済に興味を持ってほしいなぁ。