2013年7月4日木曜日

アプリのないスマートフォンなんて……

速報:Tizen OS開発プロジェクト事実上キャンセルへ NTTドコモの行方は不明 | ガジェット速報

「Tizenは瀕死の状態(ほぼ死んでいる)」としており、プロジェクトがキャンセルになったことを明かしました。

今さら新しいOSで行くというのがユーザー視点からすると無駄な行為。

すでにAndroidやiOSを使っている人たちは購入したアプリや常用しているアプリなんかがあるわけで。

わざわざ別のOSに変更するというのはコスト的に無駄が多くなるもんね。

そして新しいOSの初期にはアプリがほとんど用意されない。

一定のシェアが確保されるまで開発しようとはならないから。

そう、アプリがなければスマートフォンである必要性がないから、わざわざバッテリーの持ちが悪いスマートフォンにする必然性がないんだよねぇ。

そのあたりを考えられないドコモは端末選択のセンスがないと思う。